ここは管理人が購入した英語教材のレビューサイトです

英語教材を実際に購入した現役の英会話講師がリアルなレビュー・口コミをお届けするサイトです。当サイトで商品をお買い上げ頂いた方への限定特典もご用意しておりますので、他サイトで商品を購入するよりオトクです。詳しくは、当サイト限定特典に関するご案内ページをご参照ください。(一部対象外商品有り。)

おすすめ英語教材の私的ランキング

では早速、管理人の独断と偏見でオススメの英語教材をランキング形式でご紹介します。あくまでも管理人の主観なので人によって合う商品、合わない商品があるかと思いますが、一応、世間的にも売れている商品を中心にランキングを作成いたしましたので参考にして頂ければ幸いです。(※下記の図表にある特典の項目は、当サイトからの特典ではなく、教材自体に付属している特典です。)


英語ぺらぺら君
ここに写真挿入
【価格】
9800円
【商品ジャンル】
英会話
【サポート/返金/特典】
サポート:-/返金:○/特典:○/
コメント
英語ぺらぺら君は初心者向けの人気教材です。初心者が最短距離で必要最低限のコミュニケーションが取れるレベルを目指すには最適といえる商品です。教材の中身も極力ムダな部分が省かれているので、本当に重要なポイントのみに絞って効率よく学習を進めることが出来るのが特徴です。

1日15分の学習を30日間続けるだけで一定レベルの英会話スキルを身に付けることが出来ます。価格も比較的リーズナブルですので、初心者向け教材の中でも一番オススメの商品です。

口コミ・評価
★★★★★★★★★★(10/10P)
リスニングパワー
ここに写真挿入
【価格】
12800円
【商品ジャンル】
英会話・リスニング
【サポート/返金/特典】
サポート:○/返金:-/特典:○/
コメント
リスニングパワーは付属CDを毎日聞くだけでリスニング能力を強化することが出来る教材です。累計2000人以上をバイリンガルにした実績があるスコットペリー氏監修の人気商品で、初心者でもネイティブの英会話を聞き取れるまでのリスニング力を身に付けることを目的としています。

リスニングが上手くなると発音も正しくなるという相関関係があるとされていますので、リスニングと発音の両方を強化できる教材としても定評があります。

口コミ・評価
★★★★★★★★★☆(9/10P)
ネイティブスピード
ここに写真挿入
【価格】
13800円
【商品ジャンル】
英会話
【サポート/返金/特典】
サポート:-/返金:-/特典:○/
コメント
ネイティブスピードは商品名の通り、ネイティブのスピードについていける英会話力を身に付けるための教材です。英会話初心者はもちろん、ある程度の基礎は身に付けた者のネイティブと会話すると会話が聞き取れなかったり、スピーキングの速度が遅い等の悩みを抱えている人にオススメです。

監修のスコットペリー氏により、日本人向けにカスタマイズされているので、日本人が苦手とする部分を克服しやすくなっているのも特徴です。

口コミ・評価
★★★★★★★★★☆(9/10P)
ネイティブイングリッシュ
ここに写真挿入
【価格】
17800円
【商品ジャンル】
英会話
【サポート/返金/特典】
サポート:-/返金:○/特典:○/
コメント
ネイティブイングリッシュは難しい文法知識などは抜きにして、初心者でも簡単にネイティブと会話できるまでの英会話力を身に付けることが出来る教材です。

ネイティブとコミュニケーションが取れる事を目的としていますので、ボディランゲージやきもちの伝え方なども含めて総合的に、英語でコミュニケーションをするという事について学ぶことが出来ます。

口コミ・評価
★★★★★★★★☆☆(8/10P)
ラクラク英語マスター法
ここに写真挿入
【価格】
19800円
【商品ジャンル】
英会話、TOEIC
【サポート/返金/特典】
サポート:-/返金:○/特典:○/
コメント
ラクラク英語マスター法は、監修を務める網野智世子氏が厳選した20個の単語を中心に学習をする目るという教材です。

もちろん英会話をする上で様々な言葉の色んな用法を知っているに越したことはないのですが、それだとあまりに膨大ですので、良く使う単語や知っておくと便利な単語のみに絞って、その意味や用法について学べます。

その為、無駄が少なく、短期間である程度のレベルの英会話スキルを身に付けることが可能な教材として定評があります。

口コミ・評価
★★★★★★★☆☆☆(7/10P)

自分に合った教材を選ぶ方法

教材を購入するときには、良い商品を選ぶことはもちろんですが、自分に合った商品であるかどうかも非常に重要ですので、自分に合った教材を見つける方法をいくつかご紹介します。

自分が学びたいことを明確にする

英語教材といっても色々な種類があり、それぞれの目的も異なります。例えば、発音を強化する為の教材もあればリスニング力を鍛えるタイプの教材も存在します。リスニングが苦手な人が発音強化の教材を購入しても意味がありません。もちろん、これほど極端な間違いはないかもしれませんが、資格試験に合格して就職試験に合格すればそれでいいという人は、わざわざ英語力を鍛える必要もなく、資格試験に合格する為のテクニックなどを学べる教材を購入したほうが役に立つ場合があります。TOEICのマークシートの傾向など、まさに典型です。

また、もう一つ、自分が購入すべき教材を間違えてしまう原因として多いのが、自分の欠点をよくわかっていないということです。あなたの英会話力が足りないのはリスニングだと思っているかもしれませんが、実は発音だったなんてことも往々にしてありますから、自分自身の欠点や短所をよく理解した上で、さらに自分がどうなりたいのかをしっかりと明確にしてから英語教材を選ぶとミスマッチを減らすことが出来ます。

自分の英会話スキルと教材のレベルをマッチさせる

どんなに素晴らしいことが書いてある教材であったとしても、アナタのレベルと会ってなければその学習効果を十分に発揮することは出来ません。あなたのレベルよりも低すぎる教材でも高すぎる教材でもいけません。しっかりと教材の販売ページを見て、どの程度のレベルを目指す教材であるかを事前にしっかりとチェックしておくことがミスマッチを防ぐ為に重要です。

本当に英語教材という選択肢でいいのか

英会話学習をする方法はいくらでも存在します。もちろん英語教材もその一つであることに間違いありませんが、他にも、オンライン英会話や英会話スクール、さらには書籍、独学で洋画を見たりなど様々です。それぞれの方法にメリットとデメリットが存在しますし、アナタにとっての向き不向きもありますので、確かに、英会話教材は学習に有効ですが、必ずしも最適解ではありませんので、ご自身がどのような方法で英会話をマスターすべきなのかはよく考えておくべきでしょう。