子供を早くに長期海外留学させてしまうと・・・

これは、私が海外に住んでいた頃に実際に体験した話です。「日本語と英語のバイリンガルの子供」に育てたいと考えるご両親は多いと思いますが、その場合はぜひこの話を参考になさって下さい。私は、オーストラリアに4年間住んでいました。

現地で大学を卒業して、現地の商社に入社したのです。コネもない私になぜ内定が出たのか?その秘密はいまだによく分かりません。当時の上司に聞いても、「何となく、というか、気分だったかな…?」という、何とも曖昧な答えが…。

まぁ、それはともかくとして、私は4年間を英語圏の国で暮らし、今でも英語力を生かして外国人と一緒に仕事をする毎日を送っています。そんな私がオーストラリアで経験したのは、「中途半端な日本人」なのです。

当時の私の日本人の友人、ギターという共通の趣味があったため、すぐに打ち解けてよく会うようになりました。しかし、この友人の日本語がどこか不自然なのです。具体的に何が不自然なのかは分からなかったのですが、何となく「変だな…」という印象を持っていました。

ある時、その不自然さの謎が解けたのですが、「会話の流れが英語式」という背景があったのです。日本語の場合、「理由→結果」という流れで会話を構成します。しかし英語では逆になるんですね。「結果→理由」となり、この順序で話してこそ、「英語らしい英語」になるのです。

もちろん、その流れを日本語で行うと不自然となり、「コミュニケーションは取れるんだけど、どこか変に感じる…」という印象になってしまうのです。というのも、この友人は中学校を卒業してすぐにオーストラリアに渡り、そこでずっと生活しているんですね。

中学を卒業して社会人になるまでの期間は、正しい日本語を覚えるのに非常に大切な期間でもあります。敬語を覚える、漢字を覚える、日本人的な空気の読み方を覚えるetc…、非常に多くの事を学ぶ期間でもあるのです。

しかし、この友人はそれを全く経験していないため、日本語の新聞が読めません。漢字を知らないためです。また、敬語も話せません。ごく簡単な「ですます調」は話せるものの、分かりやすく言えば「敬語を使わないハーフのタレント」という感じでしょう。

これでは、日本社会では絶対に生きていけません。しかも、現地に長く暮らしていながらも、日本人と接する機会が多かったこともあり、英語レベルも「ネイティブ並みとは言えない」なのです。

しかも英語の敬語、つまりビジネス英語になると全く話せなくなってしまうんですよ。「こいつ、将来はどこで生きていくつもりなんだ…」と、その時から心配していた記憶があります。

その後、風の便りでその友人の消息を聞く機会があり、今は日本でフリーターとして生活しているそうです。長く留学して、ご両親も大変な資金をつぎ込まれたことでしょう。

その結果が、「中途半端な日本人」なのです。英会話を覚えるのは良いのですが、日本人である以上、まずは「キレイな日本語」や「日本人として生きていくスキル」を覚えることも重要なんですね。小さなお子さんをお持ちの方にとって、早い段階で長期留学させるのは、何もメリットだけとは限らないのです。