海外の英語教育事情

日本国内でも、「子供に対して英会話能力を身につけさせたい!」と願うご両親は多いものです。当然の願いだと思いますよ。これからの時代、日本国内の雇用や労働環境もグローバル化しますし、その中で日本人として生き残るには「語学力」は欠かせない武器になるのです。

しかし、あまりにも子供が小さいうちに長期留学させるのは考えものです。正しい日本語の教育が欠けることになってしまいますからね。しかし、世界に目を向けると、「その国や地域の言語を正しく学びながらも、英語も身に付けている」という国や地域が多くあります。

その教育システムや仕組みを知ることで、皆さんのお子さんの英語教育に何らかのヒントが与えられるのではないでしょうか?まず、注目したい国が「フィリピン」です。タガログ語を母国語とするものの、国民のほとんどが日常英会話に全く問題を感じていないのです。なぜでしょうか?

その背景には、「英語を話す大人が周りにおり、英語のテレビ番組も広く放送されているから」という点にあります。つまり、「子供のころから英語に触れられる環境」が整っているんですね。これに関しては、スイスやシンガポール、マレーシアやインドでも同じです。

つまり、「いかにして英語に触れる環境を多く作るか?」が、諸外国の英語教育の背景にはあるようです。もちろんこの環境を作り上げれば、私たち日本人だって英語の基礎的な会話能力は身に付くはずです。

いくら英語と日本語の「言語としての距離の遠さ」が存在しているとしても、「自然と英語に触れる環境」の恩恵は世界共通なのです。したがって、子供に英会話能力を身につけさせたい場合は、「英語を話す大人がいる」と「人間以外で英語に触れられる環境(英語のDVDなど)を用意する」という、2つの要素に的を絞って、お子さんの英会話教育に役立ててみましょう。

「人間以外で英語に触れられる環境」はお金で買えると思います。しかし、問題は「英語を話す大人がいる」という環境ですね。英会話スクールに通うと言っても、24時間子供のそばに講師がいるわけにはいきません。

やはり、あなた自身、つまり「親」が英会話能力を身につけるしか方法はないと言えるでしょう。そのためにも、ぜひ英語教材やオンライン英会話、あるいは英会話スクールに通うなどして、ご自身が話せるように努力しましょう。

特に英語教材とオンライン英会話の組み合わせはオススメですよ。一般的なスクールに通うよりも少ない資金で練習できますし、同じ資金を用意できるなら、スクールに通う場合と比較して数倍もの練習量を確保できるのです。

これを利用して、まず親に基礎的な英会話能力を身につけ、それを子供に継承するよう心がけておきましょう。自然と英語に親しめる子どもになると思いますよ。