親の自己満足で英会話を押し付けてはダメ

子供に英会話教育を付けるのは良いのですが、「最もダメな親の態度」をご存知でしょうか?それが、「英会話を押し付けている」というものです。これではダメですね。子供は素直なものです。

「英会話=勉強=嫌いなもの」と、一度でも認識してしまえば、それ以降の上達スピードに大きな違いが出てしまうのです。そもそも、子供に英会話を習わせる最大の目的は「子供の英会話習得」ですよね?「親の自己満足」ではないのです。

キッズ英会話で講師やスタッフをしている日本人に話を聞くと、「うちの子供はこんなに上手に英語を話すんですよ~」と、周りが「ドン引き」しているにもかかわらず、子供自慢を始める親がいるのです。

これでは何のために子供に英会話教育を付けているのか分かりません。前述の通り、最大の目的は「子供に英会話を習得させること」です。「親の自己満足」ではないんですね。

親が周りに自慢したい気持ちは理解できますが、それがいつしか「本当の目的」にすり替わっているようではダメなのです。子供は親の顔色を窺うようになり、中学校や高校に入り、勉強する英語のレベルが難しくなるにつれて、どんどん英語が嫌いになっていく可能性が非常に高いと言えるでしょう。

もちろん、そうなっては手遅れです。その原因を作ったのが親であり、それに従ったのが子供ですから、その関係や認識を覆すことは出来ません。十分に自我が発達した中学生や高校生においては、やはり「手遅れ」としか言いようがないのです。そうならないためにも、子供の英会話教育においては、「親は黒子(くろこ)に徹する」は忘れないようにしておきましょう。

子供の英会話の上達の恩恵が、「親の子供自慢」になってはいけないのです。子供の上達の恩恵は100%子供に向かうべきだと考えておきましょう。しかし、そうは言っても「でもね。やっぱり自慢したい…」という気持ちは理解できますよ。

親ですから、親が想像する以上に子供が上達すれば嬉しいものです。しかし、黒子に徹する気持ちを忘れてはダメなので、「親も一緒になって勉強する」を実践しておきましょう。

そもそも、親が「ドン引きクラスの子供自慢」をする背景には、「自分にはない能力を自分の子供が身につけ始めた」という、一種の「新しい発見」に喜びを覚えるためなのです。

ということは、その苦労や上達を親自身が理解しているなら、「ドン引きクラスの子供自慢」は自然となくなる仕組みです。したがって、子供をキッズ英会話スクールに預けるのは良いのですが、「親も一緒になって参加できるコース」を選んだり、あるいは、オンライン英会話を利用して、「親だけの練習を重ねる」を心がけておきましょう。

そうすることで子供の上達具合を肌で感じやすくなりますし、「押し付けない控えめな姿勢」を自然と貫けると思いますよ。