勉強と思わせないキッズの英会話勉強法とは?

子供は勉強が嫌いです。「私は勉強が大好きです!」という子供は少ないですし、そんな子供を見ると「もっと友達と遊んだ方が良いのでは…?」と思ってしまいますよね。しかし、たとえ勉強が嫌いな子供であっても、勉強の必要性と重要性に変わりはありません。

「あなたは勉強が嫌いなんですね。ならば、勉強しなくても良いですよ」という理屈は、心を痛めた子供に対する最後のセーフティネットかもしれませんが、少なくとも表面上の社会で通用する理屈ではないのです。

さて、英会話の習得に関しては、最近では「キッズ」に大きな注目が集まっています。キッズコースを常設しているスクールに子供を預ける方法も有効ですが、特に注目を集めているのが「大人が英会話を学び、家庭で子供の先生になる」という手法です。

つまり、「家庭内で英語を話すこと、あるいは英語に触れることが当たり前の環境」を作ることが大切なのです。では、なぜそのような環境作りが重要なのでしょうか?その最大の理由は、「子供に英会話を勉強だと思わせない」という点にあります。

前述のように、勉強が大好きな子供は少ないものです。むしろ嫌いであって当然かもしれません。しかし、だからと言って「勉強しなくても良い」が通用する理屈ではないことは前述でも述べています。

ならば、「勉強と思わせない」という環境を作ることが有効だと思いませんか?勉強だと思わないなら、ごく普通に英語に触れられますし、毎日のように英語に触れていても「それが当たり前」であるため、「勉強?いえ、違いますけど…」となるのです。

では、具体的にどうやって「勉強と思わせない」が可能になるのでしょうか?第一に、「エンターテインメントを英語にする」は有効ですね。子供が好きなおもちゃやテレビ番組などを、そのまま英語に換えてしまうのです。

こうすれば自然と遊びの中で英語を覚えていきますし、「勉強」と感じる可能性も少ないと思います。第二に、「親が英語を話せる」は非常に有効な方法として注目を集めています。

小さな子供にとって、親に付いて行動する範囲が「世界の全て」なのです。その範囲の中で親が英語を話している姿を見ると、「ここでは英語が必要なんだ…」と素直に納得するため、それに必要な能力を自然と身につけようとするんですね。

そのように納得・実感した子供に対して、英語のおもちゃを買い与えたり、あるいはオンライン会話でコミュニケーションを取らせたりすると、子供は自然と英語を覚えて行くのです。

もちろん、それだけでは「習得するに不足」ですので、親の英会話能力をさらに鍛え上げ、子供のフォローが出来るようになっておきたいですね。誰のためでもない、あなたの子供のための英会話なのです。自分のためなら挫折してしまった英会話の練習も、子供のためなら出来るのではないでしょうか?