英語教材とディズニー映画を楽しむ

子供に英会話能力を身につけさせたいと願いご両親は多いと思いますが、あまりにも早い段階で海外に長期留学させるのは考えものです。日本人として生まれたからには、やはり正しい日本語を身に付ける方が重要なのです。

さもないと、「日本語も英語も中途半端で、将来的な就職に大きな影を落とす」ということもあるんですね。私が海外に住んでいた頃も、中学を卒業してすぐに渡航し、「日本語の敬語が話せない」や「漢字が読めない」という日本人を何人も見てきました。

もちろん、彼ら・彼女らの多くは、現地での就職もかなわず、日本での就職活動も上手く行っていません。大きな期待を胸に留学させたのに、そんな結果に終わるのは悲しい話です。

つまり子供が小さい頃には、日本国内で正しい日本語を身につけさせ、それと同時進行する形で英会話を身に付ける方法が有効なのです。では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?色々な方法があると思いますが、「英語教材で英語に慣れさせ、そこにディズニー映画を組み合わせる」が、現在のところ最も人気のある方法なのです。

いきなりディズニーの映画を見せても、「何を言っているのか分からない…」となってしまいますので、あまりオススメ出来る方法ではありません。嫌がる子供も出てくるでしょうから。

したがって、最初に多少の英会話能力、あるいは「英語を聞く耳」を身につけ、そこからディズニー映画の力を借りるという手順です。しかし、なぜディズニーが子供の英会話能力向上に有効なのでしょうか(大人にも人気ですが…)?そもそもディズニー映画は、子供をターゲットにして作られたものです。

したがって、子供が覚えるべきではないスラングや暴力的な表現が一切含まれていないんですね。「キレイな日本語と日本文化を学ぶなら、サザエさんを観れば良い」という外国人の声の正反対のコンテンツこそ、「ディズニー」と言えるのです。

つまり、スピードラーニングなどの基礎的なリスニング能力を鍛える教材で英語を聞く耳を少しだけ鍛え、それを実践する感覚でディズニー映画が有効という仕組みです。もちろん、この流れは大人にとっては「勉強」かもしれませんが、子供にとっては「遊びの1つ」にすぎません。特に嫌がることもないと思いますし、リスニング能力が鍛えられ、セリフの内容などが理解できるようになるほど楽しさも増すことになります。

このような手順を踏んで子供に英会話を学ばせる方法、多くの小さな子供を抱えるご両親が実践されている方法なので、ぜひ一度試してはいかがですか?