not have to の意味・使い方

英語の基本的な単語である not, have, to の使い方はどのようなものでしょうか。まずは、kの三つを同時に組み合わせて使う事を考えてみましょう。have to の組み合わせは、助動詞で、「~しなければならない」という義務を表します。

それに not を加えると、「~しなくても良い」という不必要の意味を表します。たとえば、You don’t have to come all the way. 「君はわざわざ来なくてもよい、来る必要はない」という文があります。

もちろん、過去も表すこともできて、 You didn’t have to come all the way. 「君はわざわざ来なくてもよかった」という文もあります。気をつけなければならないのは、助動詞 must との関係です。must も、義務を表すことが可能ですが、その must に not を組み合わせると、don’t have to とは、違った意味になります。

You must not smoke here. It’s prohibited. 「ここでたばこを吸ってはいけません。禁煙になっています」というように、must not は、禁止を表します。まとめれば、not have to 不定詞は、不必要な動作を表すのに対して、must not ~は、禁止されている動作を表します。