have only to の意味・使い方

英語の基本的な構文である have to に、only を組み合わせるとどういう意味になるのでしょうか。have to は、英語では基本的な助動詞として使われます。 He has to answer all the questions. 「彼はすべての質問に答えなければならない」というような文で使われて、have to は義務を表す助動詞ということになります。

この have to に、only を加えて、have only to とすると、義務に限定の意味が加わります。

You have only to keep on studying. 「君は勉強を続けていさえすればよい」といったような文では、義務として勉強をしなければならないが、それ以外の義務はないという意味の文になります。

ちなみに、All you have to do is 動詞の原形 という構文も存在して、この have only to と共通の意味を持つので、二つの文の間で言い換えが可能な場合もあります。たとえば、You have only to keep on studying. は、All you have to do is keep one studying. との言い換えができます。

アメリカ英語では、動詞の原形が、be動詞の補語として使われることが多いです。