should have の意味・使い方

英語の助動詞の中に、should というものがあります。そのshould と have を組み合わせると、どのような意味を持つのでしょうか。この場合、have は、助動詞としての用法だと考えると、そのあとには過去分詞が続いて、should have 過去分詞のように使われます。

では、should have 過去分詞 の意味はどのようなものでしょうか。動作や状態が過去の事柄に対して、それに対して主観的に批評を加えて、「~すべきだった(のにしなかった)、当然~しているべきだった(のにしなかった)」のような意味になります。

たとえば、You should have reported to the nearby police station as a witness. 「君は証人として近くの警察署に出向くべきだったのに」とかI should have known better than to ask him a stupid question.  「僕は彼にばかげた質問をするようなことをするべきではなかった」というような文です。

最初の文のように、他者にshould have 過去分詞を使えば、他者を非難する文になりますし、あとの文のように自分に対して使えば、自分の行為を後悔する文になります。