could have の意味・使い方

英語の助動詞の中に、could といものがあります。その could と have を組み合わせるとどういう意味を持つのでしょうか。この場合、have は、助動詞としての用法だと考えると、そのあとには過去分詞が続いて、could have 過去分詞のように使われます。

では、could have 過去分詞の意味はどのようなものでしょうか。動作や状態が過去の事柄に対して、それに対して、主観的に相手を責めるつもりを込めて、「~しようと思えばできたのに」という意味になります。

たとえば、You could have done it much earlier. It is too late. Most of us have already left this place so what you have done doesn’t count much. 「君はもっと早くにそれをするべきだったのに。もう手遅れですよ。

僕たちのほとんどはもうすでにこの地を離れてしまっているのだから、君がやったことはたいして意味がないのです。」というような文のことです。この場合は、could は、「~できた」という意味ではなくて、仮定法の助動詞として「もしも~やろうと思えばできる」の用法になります。