so that can の意味・使い方

英語の重要構文を構成する一つに、so that can というものがあります。どういう使い方と意味を持つのでしょうか。まずは次の例文を見てくださいPlease speak loudly so that everyone can hear you. 「みんなが聞こえるように大きな声でしゃべってください」

この例文で見ると、so that … can… の部分は、「~できるように」という意味で目的を表しているようです。使い方としては、文の後半におかれて、目的を表して前の部分の動作に結びつけている役目を持っています。

先の文では、「みんなが聞こえるため」という目的があって、その目的を成し遂げられるよう大きな声でしゃべってくださいとお願いをしています。

別の例文としては、I woke up early and got ready for my outing so that I could be in time for the assembly. 「私は集会に間に合うように、早起きして、外出のための準備を整えた。」という過去の事例というものもあります。so that のあとには、後半の文の主語がおかれて、動詞の前には助動詞のcan または could が置かれるのがこの構文の特徴です。