make it の意味・使い方

英語の基本的な動詞である make に it を加えるとどういう意味になるのでしょうか。たとえば、 I’m sorry I couldn’t make it yesterday because of my urgent business. 「昨日は緊急の用事があったため約束通り来られなくてごめんなさい」といった文では、make it で、「約束の時間を守る、時間通りに来る」の意味を持つイディオムとして使われています。

しかし、make it のあとにさらに言葉を加えると、また違った意味を持つようになります。たとえば、Can I have these cakes, two of each? Oh, I’m sorry. Make it three. 「こちらのケーキを二つずつもらえます?あ、ごめんなさい。3つずつにしてください」のような使われ方をすると、make it three は、「3つにする」という意味を持つようになります。

この場合のit は、漠然と話者の頭の中にある数値のようなものがあって、それを三つにすると言っているのです。このような漠然とした it は、状況の it と呼ばれるもので、これ以外にも Take it easy. 「のんびりやろうぜ」 It is all over. 「(状況は)すべておわりだ、もうだめだ」などのように使われます。