make me の意味・使い方

英語の基本的な動詞である make は様々な使われ方をしますが、たとえば make あとに、人称代名詞目的格の me が使われた場合はどうなるでしょうか。この場合、make と me だけで終わることはまず考えられません。

me という目的語だけが、make と関連を持てば、make me で、「私を作る」となりますが、これでは意味をなしません。私に対して何らかの変化を与えたという文ならば、いろいろ想定が可能です。

たとえば、This movie makes me sick. 「この映画を見ていると、気持ちが悪くなる」というように、me の後には、補語がきて、私がどのように変化したかを表すことができます。

他には、My Dad made me a lawyer. 「父親のおかげで、私は弁護士になることができた」といった文でも、父が私が弁護士というものにしたという意味を、make で表すことができます。

さらには、make を使役動詞というもので使う事もできて、その場合は上記の補語の部分に動詞の原形などが来ます。My mother made me fetch her a lamp upstairs. 「母は私に二階のランプを取ってこさせた」という文などのようになります。