will do の意味・使い方

英語で最も重要な助動詞である will を、一般動詞の do と組み合わせて使うならば、一体どういう意味を持つようになるのでしょうか。

たとえば、Would you please help me kill time? I’m looking for some magazines just to sit and hang around. Any magazine will do. I’ve been waiting for my friend to show up. 「すみませんが暇つぶしをするのを手伝っていただけませんか。座ってのんびりするために、雑誌を探しているんですが。どんな雑誌でも結構です。友達が来るのを待っているんです」というような文章で、使われているwill do という表現は、非常にcolloquial (口語的)表現と言えるもので、will do = be OK と考えることができます。

つまり、「間に合います、OKです」という意味になると言うことです。他の文章としては、I’m having a hard time opening this bottle. No bottle opener will do 「このボトルを開けるのに苦労しています。どんな栓抜きでもうまくいかないのです」というように否定文でも使います。