will と shall の違い

英語で最も重要な助動詞である willとshall の違いはどのようなものでしょうか。全体的なことを最初に言えば、shall の使用頻度は非常に少ないということです。使う場面が限られてきていて、それを使用する場合でも、will との互換性がある場合が多くて、will を使えば表現ができるので、結局はwill が使われるということになります。

たとえば、Shall I tell you why? 「なぜだか言ってあげましょうか?」というような場合でも、Will I tell you why? と言っても違和感はありません。このように、will はshallと変わって使われる場面が多いのですが、shall をwill の代わりに使う事はできないことが多いです。

では、どのような場合にshall が使われるかというと、話し相手の意志を問うような場合です。さきほどの Shall I tell you why? 「なぜだか言ってあげましょうか?」という文でも、相手が聞きたければ話してあげますと言うことなので、話し相手の意向を尋ねているのです。

同じく、Shall we dance? 「ダンスを一緒にしましょうか?」も、相手とダンスをしたい人が相手の意向を尋ねています。Let’s dance. と同じと見てもいいでしょうか。上記の場合に、shall が多く使われます。