as as if の意味・使い方

英語の表現の一つに、as if と言うものがあります。以下の例文を見てください。I guess I am in Chinatown in Yokohama. I feel as if I were in a foreign country. 「今、横浜の中華街にいると思うんだけど、まるで外国にいるような感じです。」というような文においては、as if ~で、「まるで~のような」という意味を表しています。

実際にはそうではないのだけれども、「まるで~のような」と言っているので、if 以下の節には、仮定法が用いられることが多いです。こういう文章は、元はと言えば、as が様態を表していますから、as ~ as …. の構文とも親和性が高いです。

たとえば、He is as cool as a cucumber. 「彼はまるでキュウリのように冷たい人だ」と言えば、比喩表現で、彼という人間の冷たさを表しています。この二つ目のas のあとに前記の if 節を続けることが可能です。He is as cool as if he were a priest. 「彼はまるでお坊さんのように感情的に冷静である。」といったような文のことです。if の後は、仮定法ですので、実際に彼が僧職に就いているわけではなくて、そのように感じられると言うことを表しています。