should の倒置法の使い方

英語の助動詞の中で、重要な助動詞としてshould というものがありますが、これを文頭に使って倒置構造を持たせた場合の用法はどのようなものでしょうか。これは、仮定法の一種で、if 節という条件を表す節の代わりに、should 倒置用法というものがあります。

Should you not be sure if you are on the right track, you may call anytime you like. 「もしも自分がちゃんと方針に沿っているかどうかご不安の時は、いつでもご連絡ください。」といったように使われます。

この仮定法における倒置現象というには、広く使われていて、should 以外の助動詞、動詞にも適応されますので、たとえば、Had you been there, you would have been surprised. 「君ももしもそこに居合わせたならば、びっくりしたことだったろうよ」などのように、使う事ができます。

このように、仮定法におけるshould 倒置の形は一般的に、口語であれ文語であれ広く見られますが、英語学習者の立場からすると、疑問文であるととかく間違って解釈してしまいがちですので、倒置現象には注意するべきです。