could be の意味・使い方

英語の助動詞の中で、could というものがありますが、この助動詞を、be 動詞と共に使った場合はどういう意味を持つのでしょうか。まずは例文を見てください。 His behavior could be criticized. 「彼の行動は批判されることもありうる」 この例文において、could は、「できた」という意味とは大きく異なっています。

つまり、could といえば、日本人の英語学習者の多くが、can の過去形の「~できた」と思ってしまうのですが、そのような意味は上記の例文にはないのです。それでは一体どういう意味を持つのでしょうか。それは、could が、会話などで使われた場合は、多くは、conditional つまり条件の意味を伴って使われているのです。仮定法の用法であると言ってもいいです。

ただし、仮定法の場合、if 節をともなっているのに、英語学習者は慣れていますが、could 単独で使われる場合が、会話では多く使われます。

たとえば、If you didn’t mind, could it be possible for me to use your bike? 「君がかまわなければ、僕が君の自転車を使うことは可能だろうか」というような文においては、could は、仮定法の助動詞と言うことになります。そういう場合、会話では、多く、Could it be possible for me to use your bike? ということが多いのです。