「I get one’s ~ done」のフレーズを使おう

「スクール英語」という言葉を聞いたことはありませんか?私たちが日本屋内の学校で学ぶ英語のことですが、もちろんちゃんと通じる英語なので安心して学べば良いと思います。しかし、「本当の英語らしさ」には欠けていると言って良いでしょう。

というのも、学校で習う英語は「広く浅く」なのです。どんな場面でも、相手がどんな人間でも、それなりに「使い勝手が良い英語」というか、いわゆる「オーソドックスな英語」になるんですよ。そこに留学する人は最初につまずくんですよ。

「あれっ?習った英語とだいぶ違うような…」という感じになり、「実際の英語」と「スクール英語」との距離の差に戸惑うのです。そこで、1つだけ「英語らしい英語」を紹介いたします。まず、「私は宿題を終えた」を英語に訳してみましょう。スクール英語でも構いません。

おそらく、「I finished my homework」と訳される方がほとんどではないでしょうか?もちろん、この英語でも通じますよ。どこにも文法ミスはありませんし、どこから見ても正しい英語となるのです。しかし、英語ネイティブの中には「I got my homework done」と答える人も多いでしょう。

学校の教科書ではあまり見かけない英語というか、「なぜこれが宿題を終える意味になるの?」と疑問に思われる方も多いと思います。これは、「私は終えた宿題をゲットした(得た)」ということであり、つまり「宿題を終えた」と同じ意味になるのです。

このように、学校では決して学ばない英語が、実際の英語の世界では頻繁に使われることになります。もちろん、最初はスクール英語で良いんですよ。というか、絶対にスクール英語から始めるべきです。

そこを基本として「英語らしい英語」を枝葉のように積み上げていくことで、英会話が上達するのですから。一方、このような「実際の英語とスクール英語」に関する「戸惑い」は、何も日本人に限ったことではありません。日本語を学ぶ外国人も、この「壁」に大変苦労しているのです。

むしろ、日本語の方が英語よりも複雑であるため、これが日本語の勉強を非常に難しくしていると言われています。「宿題を終えた」にしても、「宿題をやった」や「宿題をした」など、日本語でも同じ意味で数種類もの「言い方」がありますしね。

もちろん、「宿題をやった」などの日本語は、日本語学校では教えてくれません。なので、日常会話で「宿題をやった」と言われると、外国人は「???」と一瞬思ってしまうのです。

今回は「get one’s ~ done」だけを紹介しましたが、このような「実際の英語とスクール英語の距離」に関しては、毎日のように英語のテレビを見たり、あるいは外国人の友人と遊んだりするなど、この中で覚えるしかありません。ぜひ積極的に実際の英語に触れる行動を開始しておきましょう。