come 過去分詞の意味・使い方

英語の基本的な動詞である、come の過去分詞の形は、やっぱりcomeです。つまり形が全く変わっていないことになりますが、不規則動詞の中にはこのように、動詞原形(辞書形、辞書に載っている形)と過去分詞が変わらないものがあります。

ちなみに、come は過去形は、came となって、変化がありますから、三つを、原形―過去形―過去分詞形の順番に並べると、come – came -come となります。最初と最後の形が違っていて、中央のものだけが形が異なるので、このパターンを、A―B-Aと呼ぶことにしましょう。

このパターンに属する不規則動詞には、他には、run – ran – run や become – became -become などがあります。このパターンとは違って、A-A-Aのように全く形の変わらない不規則動詞も存在します。

たとえば、cut – cut – cut のようなものです。hit – hit- hitもそうですし、fit – fit – fit、shut – shut -shut、let – let – let、cast – cast -cast 、burst – burst -burst、cost – cost – cost、 split – split -split 、set – set- setなどもそうです。