関係代名詞の意味・使い方

英語において、関係代名詞はどのような働きをしているのでしょうか。一言で言えば、接続詞と代名詞の役割を兼ねているということになります。たとえば、 I met an old friend of mine yesterday. 「昨日昔の友達に会ったよ」という文に続けて、さらに、He talked to me on the street. 「彼は僕に街中で話しかけてきたんだ」という文章を、付け加えたいとします。

そういうときに、I met an old friend of mine yesterday. And he talked to me on the street. としてもいいのですが、一つの文にして言う方が、簡便な表現となります。その場合、最初の文の目的語である a friend of mine を修飾する言葉として、~ talked to me on the street を加えます。

a friend of mine ~ talked to me on the street のようになりますが、このように接続をした場合、a friend of mine に代わる代名詞は、he なのですが、ここで who を代わりに使います。

a friend of mine who talked to me on the street このようにして、接続詞と代名詞を兼ねた役目をするのが、関係代名詞の who ということになるのです。