関係代名詞 what の意味・使い方

関係代名詞の what は、どのような役割をしているのでしょうか。簡単に言えば、接続詞と代名詞 it や they の役割を兼ねる関係代名詞 which をさらに、前の名詞とあわせて、一つの単語で表したものが what であるということになります。簡単と言いながら、複雑な説明になってしまいましたが、まずは例文で示しましょう。

I have a thing. 「僕はあるものを持っている」 I want to give the thing to you. 「僕はそれを君にあげたい」という二つの文があったとします。これを関係代名詞のwhich を使って表すと、I have a thing which I want to give to you. 「僕は君にあげたいものがある」という文になります。

関係代名詞の which は前の文と後ろの文を接続しつつ、代名詞のような役割を果たしています。この文をさらに、a thing which を使わずに what とすれば、I have what I want to give to you という文ができます。

このようにして、関係代名詞 which と先行詞の a thing , things を兼ねた役目をするのが、関係代名詞の what ということになるのです。通常は、「~こと、~もの」という訳になります。