関係副詞 where の意味・使い方

関係副詞のwhere の使い方は、どのようなものでしょうか。関係代名詞と違って、関係副詞の場合は、副詞の性質を持つという特徴があります。接続詞と代名詞の役割を持つ関係代名詞に、さらに加えて、副詞の性質を持たせたものが、関係副詞と言うことになります。

たとえば、My uncle lives in a city. He works there. 「おじさんは都会に住んでいます。そして、仕事もそこでしています。」という文章がある場合、一つの文章にまとめて、My uncle lives in a city where he works. と言うことが可能ですが、その場合where は、there という副詞の意味ももちあわせています。

つまり、前置詞+名詞 in a city を、副詞 there で言い換えることができ、さらにその副詞 there を、関係副詞 where を使って、一つの文にまとめることができるのです。結果的に、関係副詞は、前置詞+関係代名詞で置き換えることが可能になります。

My uncle lives in a city where he works. = My uncle lives in a city in which he works. となります。このようものが、場所を表す名詞を先行詞に持つ関係副詞 where の特徴です。