the 比較級の意味・使い方

比較級は、「~よりもっと~」といった意味を表しますが、その比較級に限定的な意味を表す the がつく場合があります。一体どのような場合に the 比較級が、使われるのでしょうか。まずは、例文を見てください。

It gets warmer in late spring. 「晩春になるとよりもっと暖かくなる」という文があります。比較級のwarmerは、「(今)よりもっと暖かく」という意味ですが、この暖かくなる度合いが、限定あるいは特定される場合があります。It gets the warmer every time we have a spring rain. 「春雨が降るたびごとに、より暖かくなる」といったような文です。

ここでは、春雨が一回降るたびごとに、暖かさが一定の度合いを持ってまして行く様子が描かれています。このような場合に、warmer という比較級にも、限定の定冠詞である the がつきます。

他の例としては、I like this place the better for each stay I make. 「一回滞在するごとにこの土地が好きになる」というものがあって、この場合も、土地を気に入る気持ちが、滞在のたびごとに強くなるということを the better で表しています。