比較級 and 比較級の意味・使い方

比較級を使った表現はいくつかありますが、そのなかで比較級を繰り返して使って、漸増的な変化を表す構文というものがあります。たとえば、春になるとそれまで冬で寒かったのが、だんだん暖かくなってきます。

いきなり、温度が上昇するのではなくて、漸増的にすこしずつあたたかくなるので、この構文を使うのがぴったりの現象ということになります。It is getting warmer and warmer each day in spring. 「春になると、毎日だんだん暖かくなってきます」というような文章が作られます。

この文において、warmer and warmer が、比較級を繰り返し使う部分ということになります。比較級に使われる形容詞や副詞はおなじものでなければなりません。ただし、三音節以上の長い単語の場合は、more の部分のみを繰り返して使います。

The scenery is getting more and more beautiful in mountains and rivers. 「山でも川でも、景色はだんだん美しくなっています」さらには、漸減的な変化は、less を使って表します。I am getting less and less interested in sumo these days. 「このごろ、相撲にはだんだん興味が薄れてきています」のように表します。