have get to の意味・使い方

英語の基本的な単語である have get to の使い方はどのようなものでしょうか。まずは、この三つの組み合わせを考えてみましょう。have と to を続けて使うと、have to 不定詞という構文ができあがります。

たとえば、You have to be there by five. 「あなたは、5時までにはそこにいなければなりません」のように、have to 不定詞の部分で、「~しなければならない」という助動詞としての意味を持ちます。

同じような意味を持つ助動詞としてmust というものがありますが、違いは、have to 不定詞が、時制を持つことができるということです。I had to remain in my office until nine. 「九時まで会社に残っていなければならなかったよ」のように、had to 不定詞で、「~しなければならなかった」という、過去における義務を表すことができます。

must は、過去形を持たないので、このような過去における義務を表すことは通常できません。must have 過去分詞という形はありますが、意味が異なって、「~したに違いない」という意味になります。get とto を組み合わせた場合は、get to ~ で、「~に到着する」という意味になります。