英語の発音の強弱を理解してリスニング力を強化

リスニング力の向上には、英語の音の特徴を知ることが大切です。日本語のように、音を上げ下げして(イントネーション)発音するのではなくて、英語は強弱の違いで発音します。

たとえば、Good bye.という表現でも、Good の部分を強く読む場合と、bye の部分を強く読む場合があって、後ろを強く読んだら、より親しみを込めて、時には「また会いましょう」ぐらいまでの意味まで表すことができます。

日本語でも、「グッドバイ」ということもあるでしょうが、その時は、後ろを下げて言う言い方しかしないのが、通常でしょう。このように、英語は強弱をつけて読むのだというのがわかれば、次はそれをリスニングに生かすことにしましょう。

つまり、強く読むときはそこが重要な情報だから強く読むのであって、そこを集中して聞けば、弱く読まれる部分はわからなくて大丈夫ということになるのです。ついでに言えば、英語で強く読まれる部分は、スピードもゆっくりになります。

さきほどの Good bye で、後ろを強く読む場合は、最初の部分の Good は、「グッド」のようには発音しないで、「グッ」のようにしか聞こえないぐらい、弱く短く発音されるのです。英語は強くゆっくり発音する部分に神経を集中して聞けば、リスニング力向上に役立ちます。