英語のリスニングと発音には相関関係がある!?

リスニング力の向上のためには、英語の発音の仕方を熟知して、それに対応できるようにしておかなければ鳴りません。

日本語とは全く違ったルールによって、英語は発音されますから、練習を積むのは勿論ですが、最初にルールを認識して、それを頭の中に入れてから練習をするべきです。でないと、いつまでたっても、リスニング力の向上には結びつかないことになってしまいます。そのルールとは英語の音声変化のことです。

たとえば、did you は、カタカナで書くと ディド ユー のような発音が、文字通りの発音ということになりますが、実際の会話やリスニングの問題においては、もっと速いスピードで発音されて、しかも did と you は、音がくっついて一つの単語のように聞こえます。カタカナで書くと、ディジューとなるのです。

そのため、リスニングをしている学習者は何か別の単語のように思ってしまい、正しくリスニングができなくなるのです。このような変化のことを音声同化と言いますが、むやみやたらに同化が起こるのではなくて、一定のパターンがあります。

たとえば、上で述べたパターン以外では、 was yesterday. は、ワジェスタデイのように聞こえます。このようなパターンを習得すればリスニング力向上に役立ちます。