英語のリスニングでは数字に注目しよう

リスニング力の向上には、数字をうまく聞き取ることが重要になってきます。特に大きな数字の場合は、日本語とは数え方が違うので、その理解に手間取っているうちに、音声が先に進んでしまって、結果わからなくなるということが多いです。

日本語で、百、千、万、億、兆のように呼び方がなっていますが、英語では、百と千はそれぞれ、hundred thousand と存在しますが、万という呼び方はありません。千が10で ten thousand という言い方しかしません。

そして、10万の場合は hundred thousand となり、「52万人の人」という表現は、five hundred and twenty thousand people となります。リスニングをしていて、five hundred and twenty を 520と聞き取ることまではできても、さらにそれに thousand が加わると、もう何という数字かついて行けなくなるのです。

コツとしては、million は百万ということで、単独の単語で表しますから、five million は500万だとすぐにわかります。これを覚えておけば、先述のfive hundred and twenty thousand は、それよりも一桁減っているということで、52万だとすぐに判断できます。

同じく、fifty two thousand は、さらにそれよりも一桁減って、5万2千だとわかるのです。英語のリスニングで大きな数字が出てきた場合、million を軸にして考えるようにしてください。百万よりも大きな数字が出ることは少ないですから、この方法でリスニング力の向上に役立つはずです。