動詞・目的語など重要な部分にフォーカスした英語のリスニング

英語自体は聞き取れるけれど、なによりもあのスピードが駄目、という人も多いです。でもそんなに細部まで聞いていなくても、キーワードさえ聞き取れば相手のいっていることはほとんどわかります。それは動詞と目的語でしょうか。

つまりそこさえ押さえていれば、会話のほぼ半分は成り立ちます。その他、その言葉を修飾したり、より表情を付けたりするのに形容詞や副詞がある訳ですし、名詞は固有名詞などで良く使うことが多いですし、大体日本語になってしまっている名詞も多いことですから、あまり問題ありません。

5W1Hではないですが、英語の聞き取りポイントは最初の方に集中しています。最初の疑問詞と動詞さえわかれば、その質問の内容はほぼ推測できますから、最初が肝心。その為、突然話しかけられると、ネイティブさえ、よく聞き返したりします。これ英語の構造上の問題ですが、聞き取る部分だけしっかり聞いて、あとは流す程度にしておかないと、長い会話、リスニングでは疲れます。

ときにはこうしたコツを身につけて、自分の英語に対するプレッシャーを減らしてみてください。相手だって、重要なことをずっと話し続けている訳ではなくて、時には独り言のようなこともいうでしょうから、ほどほどにリスニングをすることです。