英語リスニングのコツとは

英語のリスニングですが、日本人の国民性として「一言一句、間違いなく聞きとる!」というものがあります。いわゆる完璧主義の考え方ですが、この考え方はリスニングに全く役に立ちません。さっさと捨てておきましょう。なぜ役に立たないのか?その仕組みを簡単に説明してみます。

たとえば、20秒の日本語のニュースを聞くとします。そしてその直後に、そのニュースを一言一句間違いなく副唱できるでしょうか?不可能ですよね?

しかし、ニュースの内容はちゃんと頭に入っています。「副唱できないのに、内容を理解している」という矛盾、この矛盾は「ポイントリスニング」にあると言えます。私たちは日本語ネイティブなので、「何が?」「いつ?」「どこで?」「誰が?」「どのように?」などの英語の疑問詞に相当する部分に「集中」して聞いているのです。

つまり、一言一句の間違いも出さないリスニングはしていないんですね。だからこそ、内容はしっかり理解できるものの、副唱が不可能なのです。要するに、英語でもこれと同じことを行えば良いだけなのです。

上記の通り、「一言一句間違いなく聞く」は無駄な努力であり、英語の疑問詞に相当する部分にのみ、集中して聞くことが最大のコツと言えるでしょう。したがって、英語のリスニング練習をする場合は、「what」「where」などの疑問詞を徹底的にマークして、リスニング後にそれらを答えられるようになってください。

「聞き取る!!」という意気込みは、意気込み自体は評価できますが、じつは全く無駄な姿勢であると考えてくださいね。