英語のリスニング強化はTOEICに有効!

英語社会の国に長期滞在した方ならともかく、日本人にとって日本国内の英語学習では難しいのがリスニングとスピーキング練習です。特に、TOEICにおいてはリスニングの練習は欠かせないでしょう。現在の一般的なTOEICは、「リスニング+リーディング」の2つのセクションで構成されています。

リーディングに関しては、勉強を重ねることで好きになられる方が多いですね。多くのコツやテクニックを学ぶに連れて、それと正直に並行してスコアがアップしていくためです。一方、リスニングに関してはそう甘くありません。感覚と長期間の練習が必要であるため、知識が通用しにくいためです。

また「700点からスコアがアップしない…」という方の場合、「リスニング練習が不足している」というケースも考えられるでしょう。前述の通り、リーディングに関しては順調にスコアをアップさせていく方が多いのです。独学でも十分に学ぶことが可能であるため、コツコツと勉強を重ねることで満足のいく結果を出しやすいのです。

ですので、ある一定のスコアで伸び悩んだとすれば(特に700前後のラインで)、一度リスニング練習を徹底的に強化してはいかがでしょうか?700前後で伸び悩んでいる方の場合、「ある時は高スコア、ある時は低スコア」がリスニングで見られるケースが多く、つまりスコアに「ばらつき」が多く存在しているということです。

ならば安定したスコアを取るためにも、練習を徹底的に重ねることで今のスキルを強固な地盤へと変化させておくのです。こうすることでリスニングでのスコアのばらつきを防ぐことが可能となり、そこから徐々にスコアを伸ばす準備が整ったということになりますしね。