英語(英会話)の発音上達のコツ・テクニック

英語発音記号を覚える必要性について

私の知り合いに、「外国語大学の英語科」を卒業した人が合います。この人とは長年の友人でもあるのですが、お互いに長期留学を経験した間柄でもあります。この友人はアメリカに3年間留学して、現地の旅行関連の会社に就職、そこで4年間のキャリアを積んで帰国し、今は金融関連をメインとした「翻訳士」として活動されています。

続きを読む

英語の発音練習はどの程度するべきか?

英会話の習得に関しては、「発音は後回しでも良い」と言われています。しかし、「完全な日本語の発音のままでOK」と考えてはいけません。ネイティブのような発音でなくても構いませんが、やはり完全な日本語発音ではダメなんですね。

続きを読む

「独り言」で英語の発音練習しよう

英会話を練習している人の中には、「頭の中では英文が出来ているのに、それがスムーズに言葉として口から出ていかない」という方も多いのではないでしょうか?「これが言いたいのに、口が回らない…」という状況ですね。

続きを読む

音声付きの電子辞書で発音を学ぼう

「英語の正しい発音を学びたいのですが…」と思われる方も多いでしょう。すでに英語を話せる人間からすれば、「正しい発音って何?」と、疑問に感じるかもしれませんね。アメリカ英語が正しい発音なのか、あるいはイギリス英語が正しいのか、また、「日本語的な発音の英語は正しくないのか?」と言われれば、「通じていればどれも正しい発音」と言えるのです。

続きを読む

英語の発音矯正のレッスンとは?

英語の発音矯正には、大きく分けて2つの方法があります。1つはネイティブ講師のレッスンを受けて、講師の発音を真似ながら会話することですね。理論で考えるのではなく、「とにかく体に発音を染み込ませる」という、ある意味でアナログ的な練習法です。もちろんこの方法でも十分に発音を矯正することは可能です。

続きを読む

英語の発音矯正は「オンライン」で行う

発音矯正は、英語力のアップとは全く関係ありません。「発音の美しさも英語力の1つだ!」と言われればそれまでですが、そもそも英語力とは、「単語力」や「文法力」はもちろん、「会話の流れを英語流にする」などが重要なのです。

続きを読む

英語の発音上達にはどれくらいの時間が掛かるのか

英語の発音矯正に興味を持たれる方は多いですが、一体どの程度の練習量を積めば上手になるのでしょうか?日本語と英語の発音法は真逆と言っても過言ではないため、かなりの時間がかかりそうな気もしますが…。実は、英語の発音矯正に関しては、まさに「十人十色」としか言いようがありません。

続きを読む

英語の発音記号表で練習するメリットとは?

英語の発音記号の存在に関しては、英語講師の間でも賛否両論があると言えます。そもそも発音記号とは、「正しい発音を知るための手掛かり」であり、「英語力をアップさせる手掛かり」ではありません。したがって、どれだけ発音記号に詳しくなったとしてもTOEICのスコアがアップすることはないでしょう。

続きを読む

英語を発音記号に変換する

英語能力をアップさせるには、当然勉強が必要になりますが、いきなり発音記号の勉強をされる方もおられます。しかしこの方法は決して賢い選択肢とは言えないでしょう。そもそも発音記号をマスターする目的とは、「今の英語力をさらに活用できる状態にする」ということであり、そもそもの英語力が不足している人が練習することではないのです。

続きを読む

英語の発音指導を受けてみる

巷には様々な形態の英語スクールがありますが、発音矯正を目的としたスクールも時々見かけます。いわゆる「発音指導が受けられるスクール」ですね。このようなスクール、果たして利用する価値があると言えるのでしょうか?

続きを読む

英語の「発音トレーニング」を自宅で行う

英語の正しい発音やイントネーションに関しては、日本人ではトレーニングが難しい部分も多くあります。日本語にはない発音も多いため、「どのように唇や舌を動かせば良いのか分からない…」と言えますしね。

続きを読む

日本人はなぜ英語の発音が苦手なのか?

私たち日本人にとって、英語の発音は非常に難しいものです。外国で数年間暮らし、英語力がアップしても「発音は日本語的のまま」というケースは多くあります。では、なぜ日本人は英語の発音を苦手としているのでしょうか?

続きを読む

英語の発音はニュース動画で練習すべき

英語の発音練習をする場合は、専門の発音矯正スクールに通う方法もあります。また、矯正のための教材を購入して練習する方法もありますね。しかしこれらの方法では資金が必要となり、「お金をかけずに練習したい!」という方には不向きと言えます。

続きを読む

英語の発音練習は口で真似ること

「英語力はアップした。英会話能力も伸びた。でも発音が日本語的であり、時々ネイティブから聞きにくいと言われる…」という方もおられます。高い英語力を身に付けるには長期間の努力(学習)が必要であり、それにかかる資金だって馬鹿になりません。それを乗り越えて高い英語能力を身に付けたことは素晴らしいと言えるでしょう。

続きを読む

英語の母音を子音と「くっつけて発音」する

日本人は英語のリスニングが苦手です。色々な理由が考えられますが、最大の理由は「単語をくっつけて発音する習慣がないから」と言えるでしょう。たとえば、「When I ~」という表現でも、日本語的には「ウェン・アイ~」となります。それぞれの単語を別々に発音するんですね。

続きを読む

英語ネイティブの発音は本当に必要か?

英語ネイティブが話すようなイントネーション、果たして日本人に本当に必要なスキルと言えるでしょうか?以前の英語教育業界では、「発音の美しさは重要な英語スキルの一種」と信じられてきました。また今でも、「発音の美しさ=スキル」と言われています。

続きを読む

英語の発音方法は発音記号で練習する

活字で書かれている英語に関しては、口で発声する必要がないため問題なく取り組むことが出来ます。リスニングもそうですし、ライティングでも同じです。しかしスピーキングの世界に関しては、やはり発音も大きな評価ポイントになってくるでしょう。

続きを読む

英語の発音問題は「発音矯正」で攻略する

大学受験の英語の問題を見ていると、なぜか「発音問題」が出題されています。音節に区切られた単語が列記されており、「どこにアクセント(強く発音する個所)がありますか?」のような問題も定番と言えるでしょう。私の個人的な意見を言えば、このような問題はナンセンスだと考えています。

続きを読む

英語の「発音ソフト」は精度が上がっている!!

「この文章、正しく発音するにはどうすれば…」とお困りの方であれば、英語の発音ソフトを使用してはいかがでしょうか?パソコン画面に打ち込んだ英語の文章を読み上げてくれるソフトなのですが、以前は「全く使いものにならない」と評価は散々でした。

続きを読む

英語の発音記号一覧で各発音をマスター

私たちが英語を勉強する場合、「発音記号」を勉強することもあります。ハッキリ言って、英語力アップと発音記号の学習は全く関係ありません。学校で発音記号を勉強する場合でも、「話す練習が皆無」であるにも関わらず、「発音をキレイにする」は意味がないのです。

続きを読む

英語の発音のコツとは?

「英会話を習っているのですが、どうしても日本語的な発音が抜けません。何か効果的なコツはありますか?」と聞かれる方も多いでしょう。「誰にでも簡単に出来るコツ」はありませんが、「抑えておきたいポイント」は存在しています。まず、やはり「th」の発音は覚えておきましょう。

続きを読む

英語の発音矯正をネイティブと一緒にやってみる

英語の発音矯正に関しては、教材を購入して練習する方法もあります。また、テレビの二カ国語放送などを利用して、「聞こえた音を忠実に自分の口で再現する」という、無料の方法もあると思ってください。しかし、やはり最も効果があるのは「ネイティブと話す」ということではないでしょうか。

続きを読む

英語の発音練習をしてみよう

「英語の発音矯正をしたいのですが、お金をかけたくありません…」という方も多いでしょう。ネット上や本屋さんには、発音矯正を目的とした教材が多く売られていますが、お金に余裕のある方なら購入しても良いと思います。しかし、「教材を購入しなければ発音矯正は出来ない」と思ったら大間違いです。

続きを読む

英語の発音記号の読み方

英語の発音記号ですが、ハッキリ言って、英語能力のアップとはほとんど関係ありません。ネイティブでも発音記号を知らない人がほとんどですし、英語が話せる日本人でも詳しく知っている人は少ないでしょう。しかし、なぜそこまで発音記号を気にされる方が多いのでしょうか?

続きを読む

英語の発音辞典とは?

最近、「英語の発音辞典」というものが注目を集めています。「辞典でどうやって発音をチェックできるの?」や「発音機能が付いた電子辞書のこと?」とおもわれるでしょうが、そうではありません。英語の発音辞典とは、主にオンラインで利用できる辞書のことで、ある単語の発音を聞くことが出来るというものです。

続きを読む

英語の「発音付き辞書」を購入しておこう

英語の勉強、特に自宅&独学で勉強される方にとって、辞書の存在は欠かせないでしょう。また、最近では超多機能の電子辞書が多く販売されており、ぜひともフル活用しておきたいものです。しかし、どのメーカーの辞書を買えば良いのかに悩む方も多いと思います。

続きを読む

英語の発音記号は覚えるべきか?

英語には、様々な発音記号が存在しています。日本語にはありませんね。「あ」は「あ」としか発音せず、1つの文字に複数の発音がないためです。一方、英語の「th」などは、「スッ」と発音する時もあれば「ズッ」と濁って発音するケースもあります。

続きを読む

英語の発音は気にするべきか?

「キレイな発音で英語を話したい!」と思われる方は多いと思いますが、発音だけにこだわって英会話を練習するのは良くないと思います。もちろん、ネイティブに近い発音で話すことは魅力的ですが、何よりも「話し方」の方が大切だと考えられます。日本語と英語とでは、「話の組み立て方」が正反対となります。

続きを読む

日本人がTHとS、BとV、RとLの発音を苦手な理由

日本人は、THとSそしてBとV、それからもちろんRとLの発音の違いが分からないといわれています。そして日本語というのが母音が強い言葉である関係上、子音の多い英語やフランス語などは比較的習得が難しく、イタリア語やスペイン語は発音しやすく、相手にも伝わりやすいといわれています。

続きを読む

アクセント記号を意識した英語の発音練習

英語の発音の上で、アクセント記号というのはとても大事で、一つの単語を発音するときには、そのアクセント記号、つまり強勢のあるところに絞って発音の癖をつけると、それだけで相手に自分の言っていることが伝わりやすくなります。

続きを読む

英語の発音はリスニングやスピーキングとの関係が深い

発音の問題は、リスニング、そして一番大事なスピーキングにかかわってきます。リスニングの場合は、その周囲の文脈で相手のいっていることが理解できることがありますが、スピーキングの場合は、その内容が自分に委ねられている状態ですから、全て自分の発想、そして発音で相手に理解して貰わないといけません。

続きを読む

英語の発音で重要なのはアクセントの位置

英語の発音が上手になりたい人は、単語のアクセントの位置を間違えないようにしないといけません。日本語と違って、英語の発音は、強弱で意味を区別していますので、位置を間違えると、意味が通じなかったり、間違って伝わってしまうので、気をつけてください。

続きを読む

音の連結に着目して英語を発音してみよう

英語の発音が上手になる方法は、英語の音と音との連結に注目してください。不定冠詞の a は、単独で発音されることなく、必ず後の名詞と共に使われて単数であることを示しますが、その名詞が母音で始まっている場合は、an のように変わることはよく知られています。

続きを読む

英語の短縮形の発音に慣れる

英語の発音が上手になるには、縮約形をうまく使う必要があります。たとえば、not という否定の言葉は、前の単語と結びついて、aren’t isn’t などとなることが多いです。

続きを読む

単語と単語のつなぎ目を意識した英語の発音

英語の発音が上手になる方法は、単語と単語のつなぎ目をスムーズに発音する必要があります。たとえば、前の単語の最後の音と次の単語の最初の音が同じ場合は、前の単語の最後の音が消失する場合があります。

続きを読む

英語の子音の発音と唇の動き

英語の発音が上手になるには、英語の子音の発音を良くする必要があります。たとえば、wolf は、日本語だと「ウルフ」となるでしょうが、実際の英語の発音は、wo の部分で、唇を丸くすぼめた形から一気に「ウ」という感じで、日本語の「ウ」とは大きく異なっています。

続きを読む

子音を意識した英語の発音テクニック

英語の発音が上手になる方法は、英語の子音の発音を良くする必要があります。たとえば、three という単語の最初に出てくる子音は、日本語では「ス」でしょうが、英語ではそのようには聞こえません。

続きを読む

英語の発音を改善する母音と唇の使い方

英語の発音が上手になる方法は、英語の母音をうまく発音できるようになる必要があります。たとえば、shoot という単語に出てくる母音は、日本語では「ウー」となるでしょうが、英語ではもっと唇を丸めて発音する必要があります。

続きを読む

日本語と英語の母音の違いを区別する

英語の発音が上手になる方法は、英語の母音と日本語の母音との違いを把握していることが大切です。たとえば、sit という単語に出てくる母音は、日本語では「イ」となるでしょうが、英語では微妙に違っています。

続きを読む

英語の発音上手になるには母音に慣れよう

英語の発音が上手になる方法は、英語の母音になれる必要があります。たとえばgirl という単語の母音は、決して日本語の「アー」ではありません。ir の部分は、中舌母音と呼ばれるもので、日本語の「ア」と「エ」の中間のようなもので、しかも、舌の筋肉をある程度緊張させて発音します。

続きを読む