日本語と英語の母音の違いを区別する

英語の発音が上手になる方法は、英語の母音と日本語の母音との違いを把握していることが大切です。たとえば、sit という単語に出てくる母音は、日本語では「イ」となるでしょうが、英語では微妙に違っています。

日本語には、母音が5つしかなくて、細かい母音の区別が難しいことからこういう事が起きるのです。ちなみに、英語は11あるので、日本語の倍以上ということになります。そのため、日本語の「イ」と「エ」の中間のような発音が、英語には存在するのです。

まずは、beat の発音ですが、日本語の「ビート」ではありません。「ビート」だと、母音をのばす長音のような発音に受け取る人が多いのですが、実際は、舌の筋肉を緊張させてて、力を込めて、「イー」と言います。

「ビート」ではなくて、「ビィート」の方が近いでしょう。次は bit の発音ですが、これは、舌の筋肉をゆるめて、「i」となるので、日本語の「イ」と「エ」の中間に近いものです。「ビェト」が近い表記かもしれません。

さらに、bet の発音ですが、さらに、低い所からの発音になって、「e」となり、日本語の「エ」よりも、低い位置からの発音になります。このように、日本語の「イ」や「エ」に聞こえる発音も、英語では異なった発音になるので気をつけてください。