英語の子音の発音と唇の動き

英語の発音が上手になるには、英語の子音の発音を良くする必要があります。たとえば、wolf は、日本語だと「ウルフ」となるでしょうが、実際の英語の発音は、wo の部分で、唇を丸くすぼめた形から一気に「ウ」という感じで、日本語の「ウ」とは大きく異なっています。

この w の文字に当たる子音は、種類の上では、流音と呼ばれていて、両方の唇を極度にすぼめて、それを一気に「ウ」という発音に続けていますので、相当練習していないと、うまく発音できるようになりません。

他に、woman、wood、weed、wicked、when など、w で始まる単語は多いので、英語の発音を良くしようと思えば、この発音を上手にならなければいけません。さらには、liquid、quality 、quit などのように、語頭ではなく語中にも使われています。

実は、この他にも、日本人が苦手とする発音が流音にはあって、よく知られている l と r の区別も、この流音というものになります。おそらく、英語の発音が上手になるためには、この流音という障壁が最後に乗り越えなければならない困難ということになるでしょう。

ちなみに、小さな子が自国語の発音を覚えるときも、この流音が最後に学ぶべきものとなります。舌足らずな発音はこの流音がうまく発音できないからです。それぐらい、複雑な動きをする流音をうまく発音できたら、英語の発音が上達したということになります。