英語の発音で重要なのはアクセントの位置

英語の発音が上手になりたい人は、単語のアクセントの位置を間違えないようにしないといけません。日本語と違って、英語の発音は、強弱で意味を区別していますので、位置を間違えると、意味が通じなかったり、間違って伝わってしまうので、気をつけてください。

たとえば、suspect という単語は、動詞も名詞も存在しますが、そのアクセント位置は異なっています。名詞は、前にアクセントが置かれ、動詞は、後ろにアクセントが置かれます。

名詞の場合は、「容疑者」という意味で、動詞の場合は、「疑う」という意味ですから、アクセントの位置を間違えると、大きな意味の違いを生じます。また、日本語のアクセントと違った単語も存在していて、この場合は通じない場合があります。

たとえば、success 「成功」は、日本の商品名として使われていて、その場合は、前にアクセントを置いているようですが、実際は後ろを強く読みます。同じく、忠告を意味する advice も、前ではなくて、後ろを強く読みます。さらには、シャンプーは shampoo ですが、前ではなくて後ろを強く読みます。

このように、アクセントの位置が英語と日本語では異なっている場合は気をつけてください。