アクセント記号を意識した英語の発音練習

英語の発音の上で、アクセント記号というのはとても大事で、一つの単語を発音するときには、そのアクセント記号、つまり強勢のあるところに絞って発音の癖をつけると、それだけで相手に自分の言っていることが伝わりやすくなります。

また、同じ単語でもアクセントの強勢の違いで別の意味になること、または品詞が変わってくることがあるので、その辺の違いに注意を払いたいところです。普通名詞は前の方の音節にアクセントが来る事が多く、また動詞の方は後のほうにアクセントが来る事が多いので、その違いをよく習っておきましょう。

また、同じ綴りのものでも、時制によっては読み方が違ってくるものなんかもあります。その為にその発音の違いを頭だけではなく、口に出して違いを確かめてみてください。

微妙な発音の使い分けは難しいでしょうし、多少の時制の違いは間違っていても理解して貰えることが多いでしょうが、その時制が会話の中で重要になってくるときはなるべく正しい発音をしたいし、そうすることが相手に伝わりやすくもなります。英語の発音、アクセントの癖はありますが、発音記号、そして読み方の違いに注意を払うようにしてください。

新聞や雑誌の文章を音読するような訓練も時には必要かもしれません。