英語の発音は気にするべきか?

「キレイな発音で英語を話したい!」と思われる方は多いと思いますが、発音だけにこだわって英会話を練習するのは良くないと思います。もちろん、ネイティブに近い発音で話すことは魅力的ですが、何よりも「話し方」の方が大切だと考えられます。日本語と英語とでは、「話の組み立て方」が正反対となります。

たとえば日本語の場合、「理由⇒結果」の流れになりますよね?「勉強したから(理由)、試験に合格した(結果)」という感じです。一方、英語では「試験に合格した(結果)⇒勉強したので(理由)」の流れが自然なんですよ。

つまり、発音を気にするのは良いのですが、むしろこの「流れ」をしっかり守った英語の方が、ネイティブには「きれいな英語」に聞こえるのです。一方、発音はきれいでも流れが「日本流」であれば、「何となく理解しにくい英語」とネイティブは思うでしょう。「発音だけがキレイな英語」は、あくまでも日本人の自己満足に過ぎないと考えるのが妥当なんですね。

つまり、ここに「フィリピン人講師による格安英会話レッスン」を受ける価値があるのです。フィリピン人講師は、確かに発音を見ればきれいとは言いにくいでしょう。

しかし、会話の流れ自体は英語流になっており、「ネイティブが聞いて自然と感じられる英語の流れ」を身に付けるに価値があるのです。しかも格安であり、価格が安いために頻繁に練習することが可能でしょう。発音は、最初のうちは「通じる程度で十分」と割り切り、自然な話の流れを覚えてから鍛えても全く遅くはないのです。