英語の発音記号は覚えるべきか?

英語には、様々な発音記号が存在しています。日本語にはありませんね。「あ」は「あ」としか発音せず、1つの文字に複数の発音がないためです。一方、英語の「th」などは、「スッ」と発音する時もあれば「ズッ」と濁って発音するケースもあります。

だからこそ、「このケースではこう発音するように」という一種の「記号」が必要であり、それが発音記号なのです。では、その記号を私たち日本人が学ぶ価値はあるのでしょうか?発音記号を学べば、英語の上達に役に立ってくれるのでしょうか?結論から申し上げると、「全く必要ない」ということになります。

そもそも、発音記号が英語の上達に重要なのであれば、巷の英会話スクールでも「発音記号コース!」が併設されているはずです。しかし、そのようなコースを見たことはなく、やはり「気にしなくても良い」と考えるのが妥当でしょう。

また、大学の英語コースでも、発音記号の授業は「言語学」の世界として認識されており、「英語の授業」から「さらにもう一歩深く追求した場所」にあるのです。ただし、知っていれば便利と感じることもありますよ。

たとえば、紙媒体の辞書など、音声発音機能が付いていませんよね?その上で読み方が分からない単語が出てくると、もはや発音記号を頼りに「どう読むのか?」を推測するしかありません。ここで記号を全く知らなければ、「もうお手上げ」となってしまいますしね。

しかし前述の通り、基本的には全く必要のない知識だと思います。発音記号を知らなくても英語が話せる人は山のようにいますので。