英語の発音記号の読み方

英語の発音記号ですが、ハッキリ言って、英語能力のアップとはほとんど関係ありません。ネイティブでも発音記号を知らない人がほとんどですし、英語が話せる日本人でも詳しく知っている人は少ないでしょう。しかし、なぜそこまで発音記号を気にされる方が多いのでしょうか?

その背景には、「発音記号がネイティブ発音を教えてくれる通訳のようなもの」と言えるためです。そもそも、日本語と英語の発音は大きく異なり、日本人にとってネイティブのような英語の発音は難しいものです。

もちろん、長い期間ネイティブと一緒に生活をしたり、時間を共にすると徐々に発音も矯正されてくるのですが、発音記号を習得すればそのような必要はありません。たとえば、「th」には2種類の発音があります。「スッ」と「ズッ」の2種類ですね。「スッ」の方は数字のゼロに横一戦が入ったような記号となっています(機種依存文字なので表示できません。ごめんなさい!)。

一方、「ズッ」は「けもの偏」のような形をしています。ともに舌を上の歯と下の歯で軽くはさみ、その状態で「ス」や「ズ」と発音してみましょう。すると空気が抜けるような感じの音となり、これがネイティブに近い発音となるのです。

このように、1つ1つの発音記号の発音方法を習得すると、辞書などに記載されている記号通りに発音することでネイティブの音に近づけることが可能となります。まさに、「ネイティブとの発音のかけ橋」になってくれる存在ではないでしょうか。

もちろん、記号の習得にも時間がかかるため、その意味では「さっさと別の勉強をした方が良い」という声も多いのですが、どうしても気になる方は記号をマスターしても良いでしょう。