英語の発音のコツとは?

「英会話を習っているのですが、どうしても日本語的な発音が抜けません。何か効果的なコツはありますか?」と聞かれる方も多いでしょう。「誰にでも簡単に出来るコツ」はありませんが、「抑えておきたいポイント」は存在しています。まず、やはり「th」の発音は覚えておきましょう。

「think」を発音する場合でも、日本語的に「シンク」と言えば「sink(沈む、台所のシンク)」と勘違いされるかもしれません。また、「s」の発音にも注意が必要でしょう。たとえば、「she」は単純に「シー」と発音しますが、「sea」は「スィー」と発音します。

この違いに注意するだけでも、ネイティブからすれば「聞きやすい」となるのです。さらには「v」の発音も覚える必要がありそうですね。たいていのに日本人の「v」は「b」に聞こえてしまい、これでは自然なイントネーションとは言えないのです。具体な「v」の発音ですが、上の歯を下唇に当てて、その状態のままで「バビブベボ」と「バ行」を発音して下さい。

日本語にはないイントネーションであるため、最初は難しいと思いますが、慣れるとそれほど苦になるものではありません。また、日本語は文章全体を通して「フラット」な流れとなりますが、英語は文章の中で強く発音するところと弱く言うところが存在しています。

これをマスターするには「慣れ」しかないと思いますが、最初は「文章の終わりの発音」に気を付けて下さい。たとえば、同じ疑問文でも普通の疑問文は「上げて終わる」が必要です。一方、疑問詞から始まる質問文は「下げて終わる」という習慣があります。それに気を付けるだけでも、これまでの日本語的な発音から大きく前進できると思いますよ!