英語の発音記号一覧で各発音をマスター

私たちが英語を勉強する場合、「発音記号」を勉強することもあります。ハッキリ言って、英語力アップと発音記号の学習は全く関係ありません。学校で発音記号を勉強する場合でも、「話す練習が皆無」であるにも関わらず、「発音をキレイにする」は意味がないのです。

いくら発音記号を覚えても、それを実践するチャンスがないのでは「やるだけ無駄」と突っ込まれても仕方ありません(文科省は何を考えているんだか…)。しかし、ある程度まで英会話能力がアップしたのであれば、さらに会話をスムーズに進めるためにも発音矯正は必要です。

発音矯正には色々な方法がありますが、その1つに「発音記号を覚える」があるのです。「この記号はこうやって発音する」のように、それぞれの記号の発音をマスターすることで、辞書などに記載されている発音記号を頼りに正しいイントネーションを身に付けることが出来るのです。

また、発音記号の多くは日本語にはない発音となっていますので、各記号の発し方をマスターすると、「日本語にはない発音のマスター」にもつながります。一度これをマスターすると、英語を話す時の下や唇の動きが自然と出るため、話すほどに自然と発音矯正されていくことになります。

発音記号に関しては、英語初心者には全く必要のない知識と定義できます。「初心者にも大事だ!」という講師や先生は「当てにならない」と考えて下さい(笑)。

ただし、ある程度まで能力がアップした人にとっては、それなりにマスターする価値がある知識と言えます。中級者以上の方で勉強に飽きてきたなら、ぜひ勉強の視点を変える意味でも発音記号に取り組んではいかがですか?