英語の発音問題は「発音矯正」で攻略する

大学受験の英語の問題を見ていると、なぜか「発音問題」が出題されています。音節に区切られた単語が列記されており、「どこにアクセント(強く発音する個所)がありますか?」のような問題も定番と言えるでしょう。私の個人的な意見を言えば、このような問題はナンセンスだと考えています。

そもそも英語を話す機会が少ない学生にとって、発音記号やアクセントの位置に関する知識は「無用の長物」と言えるためです。どうせなら、もっと読解力を試すような問題、あるいは英作文の問題を多くすべきだと思うのですが、現実として発音問題が出題される以上、何かしらの対策を立てておく必要があります。

そこで、「発音矯正」で攻略する方法を試してはいかがでしょうか?英会話能力をアップさせる必要はなく、色々な単語の発音をスクールなどで矯正する必要もありません。大切なのは、「それぞれの発音記号の読み方をマスターする」ということなのです。

英語には、皆さんもご存知の通り発音記号が存在していますが、その多くは「日本語にはない発音」となっているのです。したがって、各発音記号の読み方を徹底的に練習すれば、自然とネイティブに近い発音が出来るようになっていきます。

日本語では使わない顎や舌の筋肉が鍛えられるため、日本人が苦手とする発音も楽々できるようになるんですね。そうしておけば、どんな単語を目の前にしても発音記号を頼りに正しいアクセントが分かるようになりますし、見たことがないような単語でも、「感性」で「ここにアクセントがあるのが一番自然だな…」と分かるようになって来ます。

発音問題の完璧な攻略に関しては、「長期留学をする」が最も効果的な方法です。しかし、全ての人にそのようなチャンスが与えられるとは限らず、発音記号の練習で「感性を疑似マスターする」が現実的にも有効な手段なのです。