英語の発音方法は発音記号で練習する

活字で書かれている英語に関しては、口で発声する必要がないため問題なく取り組むことが出来ます。リスニングもそうですし、ライティングでも同じです。しかしスピーキングの世界に関しては、やはり発音も大きな評価ポイントになってくるでしょう。

まずはイントネーションよりも英語力そのものをアップさせるべきなのですが、ある程度まで会話能力がアップしたなら、ぜひ発音やイントネーションにも目を向けることも大切だと言えます。スムーズにコミュニケーションを図ることが出来ますので。発音を鍛える方法は色々とありますが、「各発音記号の発声を覚える」という方法もあります。

各発音記号の発声法を学び、「記号を見れば正しい発音が分かる」という状態に自分をレベルアップさせておくのです。また、発音記号の練習には別のメリットも隠されています。発音記号にはいくつも種類がありますが、それぞれ「日本語には存在しない発声」となっているのです。

日本人がネイティブのような発音を苦手とする背景には、「日本語にはない唇や舌の動かし方が多い」という理由があるのです。したがって、発音記号を練習することで英語流の唇や舌の動きを活性化し、いつでもその発生が出来るようにしておくのです。

こうすることで、さらに1つ1つの単語の発音がキレイになり、徐々にですがネイティブに近いイントネーションが出来るようになっていきます。長い期間での練習になると思いますが、ある程度まで英語が話せる人にとって、ぜひとも実践しておきたい練習と言えるでしょう。