英語ネイティブの発音は本当に必要か?

英語ネイティブが話すようなイントネーション、果たして日本人に本当に必要なスキルと言えるでしょうか?以前の英語教育業界では、「発音の美しさは重要な英語スキルの一種」と信じられてきました。また今でも、「発音の美しさ=スキル」と言われています。

しかし、以前ほど重要なスキルとは思われなくなってきており、むしろ「文章の組み立て方」に重要度がシフトしていると言えます。日本語と英語は、まさに正反対の言語のようなもので、日本語の自然な会話の流れである「理由⇒結果」も英語では逆となります。

日本語式の「明日は雨だから、出かけるのは止めよう」も、英語では「明日に出かけるのは止めよう。雨だから」となります。このような会話の流れを身に付けることこそ、「重要なスキル」と認識されつつあるのです。また世界には、様々な種類の英語がありますが、フィリピン人が話す英語のことを「フィリピングリッシュ」と呼ぶケースもあります(差別用語ではありません)。

また韓国人独特のイントネーションでの英語を「コングリッシュ」と呼ぶこともあり(こちらの差別用語ではありません)、世界共通用語である以上、色々な英語の種類があって良いと思うのです。したがって、日本人が話すような英語を「ジャピングリッシュ」と定義しても良い時代になっていると言えるのですが、ある程度の英語としての自然な発音も必要と言えるでしょう。

通じなければ意味がありませんから。フィリピン人講師による格安のオンライン英会話レッスンが人気を博しているのもそのためですね。「発音は通じる程度で良い。まずは自然な会話の組み立て方を練習したい」と考える日本人が増えている証拠なのです。