英語の母音を子音と「くっつけて発音」する

日本人は英語のリスニングが苦手です。色々な理由が考えられますが、最大の理由は「単語をくっつけて発音する習慣がないから」と言えるでしょう。たとえば、「When I ~」という表現でも、日本語的には「ウェン・アイ~」となります。それぞれの単語を別々に発音するんですね。

一方、ネイティブが話す英語の場合、「ウェナイ~」となり、「When」と「I」がくっついて発音されることになります。日本語では考えられない習慣であり、経験したことがないことでもあるため、英語のリスニングは難しいと言えるのです。それを克服するには、自分から「母音と子音をくっつけて発音練習をする」という方法がオススメです。

上記の通り、英語には単語と単語をくっつけて発音する習慣があるのですが、特に「母音(a,i,u,e,o)」と「子音(母音以外のアルファベット)」が並ぶと強く結合する癖があります。そこで、参考書や英語が書かれている書籍などを参考に、「母音と子音がくっついている表現」を探してみましょう。どんな表現や文章でも構いません。

そしてそれを、「英語読み上げソフト」に入力するのです。入力した文字を自動的に読み上げてくれるソフトなのですが、フリーソフトでもレベルの高いものが多くあります。すると、母音と子音がくっついて発音されるため、それを何度も口にして練習しておきましょう。

自分で「くっつけて発音する」という習慣を身に付けると、以外ですが「聞いても理解できるようになる」というメリットがあります。リスニングとスピーキングの連動性は以前から認められてきましたが、「自分が話せること」は「自分が聞けること」と直結する部分が大きいのです。

この方法なら、スピーキングの発音練習とリスニング練習の両方を同時に行えるため、効果も一石二鳥と言えるでしょう。