英語発音の入門トレーニングとは?

英語の発音矯正は、ある程度まで英語力がアップした人が行うべき練習です。英語力そのものが不足しているにもかかわらず、発音だけ練習しても意味がないためですね。

そこで、「ごく日常的な英語でのコミュニケーションに大きな問題を感じない」という中級者、あるいはそれ以上の方であれば、ぜひ発音矯正を行ってネイティブに近いイントネーションをマスターしておきましょう。

さて、英語の発音の入門トレーニングの具体的な方法ですが、「短縮系を発音してみる」はどうでしょうか?たとえば、「もう行かなきゃ!」という表現は「I have got to go.」とカジュアルに表現できますが、「アイ・ハヴ・ガット・トゥー・ゴー」とそのまま発音してはいけません。

これを短縮系にすると「I’ve gotta go」となり、「アイブ・ガラ・ゴー」となるのです。このように短縮系を練習することで、「単語同士をくっつけて発音する」という英語独特のクセを身に付けることが出来るんですね。「単語同士をくっつけて発音する」は日本語にはない習慣であり、これを練習することこそ、まさに発音矯正の入門トレーニングと言えます。

また同時に、日本語にはない発音の数々もマスターしておきましょう。同じ「s」のアルファベットでも、「she」なら「シー」と読みますが、「sea」「スィー」となります。「th」の発音練習も重要ですよ。上と下の歯の間に舌を入れて「ス」と言って下さい。

空気が抜けて「スッ」と掠れた発音になりますよね。これが正しい発音です。また、同じ「th」でも「ズ」と読むケースもありますが、これも上下の歯の間に舌を入れて「ズ」と言って下さい。空気が抜ける感覚は同じだと思いますが、これこそネイティブにとって「聞きやすい英語」となるのです。