英語の発音練習は口で真似ること

「英語力はアップした。英会話能力も伸びた。でも発音が日本語的であり、時々ネイティブから聞きにくいと言われる…」という方もおられます。高い英語力を身に付けるには長期間の努力(学習)が必要であり、それにかかる資金だって馬鹿になりません。それを乗り越えて高い英語能力を身に付けたことは素晴らしいと言えるでしょう。

しかし、その英語力も使えなければ意味がありませんよね。まさに「宝の持ち腐れ」ということになってしまいます。発音は、英語力そのものとは全く関係がありません。したがって、英語初心者の方が最優先で勉強する必要はないと言えますが、ある程度まで伸びてきたなら勉強する価値はあるでしょう。

つまり、発音を鍛えてネイティブが聞きやすい英語にすることで、さらにスムーズなコミュニケーションが可能となります。「自分の英語能力を存分に活用する」という意味でも、上級者が発音練習をすることは重要と言えるのです。具体的な方法ですが、とにかく「自分の口で真似る」という方法がオススメです。

発音記号を覚えるのも良いですが、「記号を覚えないと発音できない」というわけではありません。とにかく、ネイティブが口にしたことをそのまま真似るようにして下さい。最初は難しいでしょうね、日本語を話す時には使わない口やあごの筋肉を使いますし、唇や舌の動きだって日本語にはないものが多いですので。

しかし、そのぎこちない動きに慣れてくると、自然とネイティブの発音に近付いて行くことになります。それなりに時間のかかる作業と言えますが、この練習を繰り返すことで「英語力をフルに活用する」を目指しておきましょう!