英語の「発音トレーニング」を自宅で行う

英語の正しい発音やイントネーションに関しては、日本人ではトレーニングが難しい部分も多くあります。日本語にはない発音も多いため、「どのように唇や舌を動かせば良いのか分からない…」と言えますしね。

もちろん、日本語にないイントネーションを練習することで、自然とネイティブに近い発音へと進化していくのですが、どうすれば身に付くと言えるのでしょうか?自宅で発音トレーニングを行う場合、やはり「元ネタ」となる動画が必要です。テレビの二カ国語放送を利用したり、ネット上のニュース動画を利用する方法が一般的でしょう。どれも無料で利用できますから。

それらの動画で耳にした英語をそのまま、自分の口で繰り返すようにしておきましょう。そして、ここからが重要なのですが、次の2つのポイントに注意して下さい。1つは、「出来るだけ大きな声で発声すること」です。ネイティブに近いイントネーションを身に付けるには、日本語のスピーキングでは使わない顎の筋肉を使うことになります。

もちろんそれを鍛えることが重要なのですが、声が大きいほどに鍛えられるスピードはアップします。短い期間でネイティブらしい発音を身につけるに大切と言えるでしょう。そして2番目に注意すべき点ですが、「英語の中身や意味を理解する必要はない」という点です。

目的は発音矯正であり、英語能力のアップではありません。したがって、「あれっ?今のどういう意味?」と考える必要はないのです。とにかく、耳にしたことをそのまま、中身の理解は度外視して「復唱」するようにしておきましょう。すぐに身に付くことではありませんが、長期的な目線で練習を繰り返せば良いですね。