英語の発音記号表で練習するメリットとは?

英語の発音記号の存在に関しては、英語講師の間でも賛否両論があると言えます。そもそも発音記号とは、「正しい発音を知るための手掛かり」であり、「英語力をアップさせる手掛かり」ではありません。したがって、どれだけ発音記号に詳しくなったとしてもTOEICのスコアがアップすることはないでしょう。

しかし、「スピーキング能力が必要な仕事をしている」、あるいは「スピーキングの試験の受ける」という場合であれば、発音記号を学んでネイティブに近いイントネーションの練習をする方法が有効です。さて、英語の発音記号はいくつもありますが、その多くが「日本語にはない発音」ということになります。これを練習するメリットは大きいですよ。

日本語には存在しない唇や舌の動かし方の練習になるため、いわゆる「英語の発音のための筋トレ」をしているようなものです。練習を重ねるうちに日本語では使わない顎の筋肉などが形成されていき、どんな単語や文章でも自然と正しい発音に近付いて行くのです。

つまり、「発音記号をマスターして色んな単語で練習をする」という必要はありません。発音記号の練習をするだけで、自然と色々な単語の発音がネイティブに近づいて行くのです。したがって、発音矯正を目指している方であれば、発音記号の練習に集中して勉強する方法もあります。

本来であれば「ネイティブの言葉をそのまま真似する」が最も効果的な方法なのですが、スクールに通う資金がない方にとって、無料で出来る発音記号の練習は魅力的な方法ではないでしょうか?